×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

浜崎あゆみのタトゥーが消えた

長瀬智也と7年も付き合って別れた歌手の浜崎あゆみ。背中の右上には、4年前に長瀬とお揃いで彫った、はがき大のタトゥーが残っているらしい。先日映画の舞台あいさつがあったのですが、浜崎あゆみは髪を30センチ切り、長瀬のイニシャル入りのタトゥーも、ファンデーションを塗ってごまかしていたようです。 心の傷はいつかは癒えるが、タトゥーはずっと残ります。消そうと思えば、手術しかない。ある美容整形外科医が言う。
薄着の季節になると、決まって若い男女の『タトゥーを消したい』という相談が急増するそうです。『職場で白い目で見られる』『新しい恋人にあれこれ詮索されたくない』ようで、女性のタトゥーは男性はかなり気になるはずです。
レーザーを使って半年ぐらいかければ、ある程度は消せるそうですが、痕は残るようです。はがき大のタトゥーは2万〜4万円で彫れますが、いざ消すとなると料金はその20倍はします。

タトゥー・刺青を消す前に考える

タトゥーを消したいと思ったなら、まずは、何故消したいと思ったのかの理由を明確に考えるべきだと思います。
彼氏や彼女ができたから消したいというケースや、子供と温泉に入りたいと思ったから消したいなど、様々なケースがあるでしょう。
ただ、一時的に消したいというのなら、服装で隠すこともドーランなどを使って消すことも可能です。
倖田来未さんも腰の辺りに蝶のタトゥーを入れていますが現在は見えないように隠しています。露出度が高い服でも、腰の裏(タトゥーの場所)は、何かでカバーして、見えないようにしているみたいですね。
安室奈美恵さんの場合は堂々と出していますが若い子への影響を考えている倖田来未さんには好感が持てます。
簡単にレーザーや切開術を選んで、傷跡の心配をするよりは、簡単に隠せる方法で試してみるのも1つの方法かもしれません。絵柄に飽きたというなら、カバーアップという方法もあります。何故消したいと思ったのかによって、除去する方法も変わってきますので、まずは消したいと思った理由を考えてみてください。

スポンサード リンク

刺青やタトゥーのレーザー除去法

刺青やタトゥーの除去法としては、レーザー治療というものがあります、今のところ日本ではこれが最良のようです。
レーザーで刺青を除去する場合は、外傷性刺青や黒色の刺青で浅いところに彫られたものであれば、1〜3回程度の治療ですみます。効果のほどは、実際に刺青をみて照射をしてみてからでないと、ハッキリ分からないというのが現状ですので、何度も照射しなくてはいけないケースもあります。
完全に刺青やタトゥーを消そうと思った場合、長い期間がかかったります。
またタトゥを消す為の治療には保険が適応されませんので治療費も高額になると考えていたほうが良さそうです。刺青を切り取って皮膚を縫い合わせる方法。 傷痕が多少残りますが、刺青は完全に消すことが出来ます。皮膚切除術と言う方法もあるんですけど、この場合小範囲なら1度ですみますが、広範囲であったり刺青のある場所によっては複数回かかることもあります。
外科手術では、大きな傷跡がのこることになりますから、こうしたことを考えるとレーザー治療が現状では1番の方法ではないかと思われます。

Copyright © 2008 タトゥー